宮崎県北地区日中友好交流推進会
                             

講演会「ユーラシア大陸徒歩横断を語る」

11月6日(日)川中コミュニティセンターに於いて、ユーラシア大陸14,250kmを徒歩横断した松田正俊氏を演者に迎え、幣推進会主催の標記講演会を開催しました。
中国西安をスタートし中央アジア、西アジアを経てヨーロッパ最西端のロカ岬までの14ヶ国408日間の体験談を中心に講演して頂きました。

講演後も出席者から多くの質問が次々とでて、予定時間を1時間近く越えるほどの盛会でした。さらに、徒歩旅行中の写真を収めたDVDが松田氏より出席者にプレゼントされました。
講演内容の詳細は、幣推進会会報「ニーハオ」第32号に掲載しています。

以前踏破した日本縦断やオーストラリア横断で使用した靴と一緒に。
徹底的に軽量化を図るために不必要な部分を切り取ったリュックサックを説明しています。
背負う重量を7kgに抑えるため、歯ブラシの柄も半分に切るなどあらゆる部分で涙ぐましい努力をし、軽量化を図ったそうです。
ホテル宿泊は3週間に一度。徒歩旅行中ほとんどの寝起きをしたテント。
講演に興味深く聞き入る出席者の皆さん。
徒歩旅行中のスナップ写真や徒歩コースを地図で見る出席者の皆さん。
企業会員の岡田花店提供『プリザーブドフラワー』が会場を華やかに盛り上げてくれました。

前のページへ戻る
のべおか市民活動支援サイト