日本ボーイスカウト宮崎連盟 北部地区協議会
                               

日向6団 城跡めぐりサイクリング

H23年 4月10日

【今回の課題】
南北朝時代〜戦国時代、日向(ひむかの国、宮崎全域)に勢力を広げていた伊東家48城のうち、地元日向市と門川町にある4つの城跡を見つけ出すこと。

【行動指令】
1、隊長の指示に従い交通ルールを守って安全に走行する。
2、4つの城跡について調べ分かったことを記録し、現地で集合写真を撮る。
3、自分の体力と気力に挑戦するが、無理を絶対にしないこと。
4、助け合い協力し合うことを体験する。
5、俳句を作る  *季語は「桜」
 

 
   

カブ隊5名が挑戦。快晴の下、満開の桜と野鳥たちの声援を受け、全員25kmを走破
【コース】 
・JA駐車場→(3.5km)‐閏蠑
・庄手城→(5.4km)¬臉郛
・門川城→(8.3km)I拗眇慍
・富高陣屋→(3.5km)け見城
・塩見城→(4.4km)JA駐車場
 *総走行距離 25.1km
 *時速12〜15km/hr
いざ、目標の城跡を探すとなると、かなりの難所ばかり、山中に急な坂やロープを伝って下りる場所もあった。たっぷり汗をかき、しばしの休息と給水が終わると、また次の城跡を目指す。探し当てると、歓声を上げるまもなく調査開始。しかし、サイクリングしている間は、そよ風に吹かれながら、春まっさかりの田園の景色が、すっかり疲れをとってくれる気がした。
城跡として、しっかり保存管理されていたのは3つ、ほとんど城跡としての原形はなく地元人たちさえ知らない場所もあり、探すのも、その場に行き着くのも予想以上に大変だった。それでも、カブたちは、誰一人あきらめることなく、最後までやり遂げて、記録書を完成した。
みんな がんばれ!!
【参加者】 総員12名
☆自転車隊
1.田島大喜 2.稲田隼大 3.北里悠馬 4.山口結宇 5..田島小春(カブスカウト)6.中城浩一(カブ隊長)7.田島一郎(カブ副長)8.北里英樹(デンリーダー) 9.二瓶大介(デンリーダー) 10.児玉俊秋(副団委員長)
☆先導車 11..二瓶 勇(ボーイ副長)
☆救護車 12..金井美敏(ビーバー隊長)

前のページへ戻る
のべおか市民活動支援サイト